Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、制御システム関係者向けセキュリティ情報サイト「ConPaS」開設

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、制御システム関係者向けにセキュリティ関連情報を提供するサイト「ConPaS(Control System Security Partner's Site)」を開設した。

同サイトは、制御システム関する国内外の動向をはじめ、脅威や対策情報、ガイドライン、関連ツールなどの情報を提供する登録制のポータル。制御システムのセキュリティ関係者を支援する。

サイトの利用には事前登録が必要で、制御システムのベンダー企業およびユーザー企業、エンジニアリング会社、セキュリティベンダー、関連団体などに所属する関係者や研究者が対象。JPCERT/CCのサイトから登録申込ができる。

(Security NEXT - 2013/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
日立システムズ、「SHIELD統合SOC」を開設