Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、制御システム関係者向けセキュリティ情報サイト「ConPaS」開設

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、制御システム関係者向けにセキュリティ関連情報を提供するサイト「ConPaS(Control System Security Partner's Site)」を開設した。

同サイトは、制御システム関する国内外の動向をはじめ、脅威や対策情報、ガイドライン、関連ツールなどの情報を提供する登録制のポータル。制御システムのセキュリティ関係者を支援する。

サイトの利用には事前登録が必要で、制御システムのベンダー企業およびユーザー企業、エンジニアリング会社、セキュリティベンダー、関連団体などに所属する関係者や研究者が対象。JPCERT/CCのサイトから登録申込ができる。

(Security NEXT - 2013/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab