Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月の不正サイト検知数、前月比7.1%増 - 違法DLサイトへのアクセスが増加

BBソフトサービスは、2月に同社セキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」で検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

レポートによれば、2月に検知した詐欺サイトやマルウェア感染サイトなどの不正サイトは48万1541件。前月から7.1%増加。Android端末における検知数も4.1%増となった。

音楽や映像、ソフトなどを違法に配信するダウンロードサイトへのアクセス増加が原因だという。こうしたサイトでは、マルウェアが配布されている可能性もあるとして、同社では利用しないよう警告を発している。

検知した不正サイトを種類別に見ると、「ワンクリック・不当請求詐欺サイト」が前月比0.5ポイント下回ったが全体の97.5%を占める。

マルウェア感染サイトが1%で前月から0.5ポイント増加。このほか、フィッシング詐欺サイトと偽セキュリティソフト配布サイトがいずれも0.5%、脆弱性悪用サイトが0.3%だった。

(Security NEXT - 2013/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念