Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月の不正サイト検知数、前月比7.1%増 - 違法DLサイトへのアクセスが増加

BBソフトサービスは、2月に同社セキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」で検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

レポートによれば、2月に検知した詐欺サイトやマルウェア感染サイトなどの不正サイトは48万1541件。前月から7.1%増加。Android端末における検知数も4.1%増となった。

音楽や映像、ソフトなどを違法に配信するダウンロードサイトへのアクセス増加が原因だという。こうしたサイトでは、マルウェアが配布されている可能性もあるとして、同社では利用しないよう警告を発している。

検知した不正サイトを種類別に見ると、「ワンクリック・不当請求詐欺サイト」が前月比0.5ポイント下回ったが全体の97.5%を占める。

マルウェア感染サイトが1%で前月から0.5ポイント増加。このほか、フィッシング詐欺サイトと偽セキュリティソフト配布サイトがいずれも0.5%、脆弱性悪用サイトが0.3%だった。

(Security NEXT - 2013/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準