Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバやPC17台がウイルス感染、情報流出の可能性 - スカパーJSAT

スカパーJSATの社内にあるサーバやパソコンなど17台がウイルスへ感染していたことがわかった。宇宙、衛星事業関連の取引先情報や技術情報が、外部へ流出した可能性があるという。

同社において、複数サーバのCPUに高負荷がかかったことから、原因を調査したところ、サーバやパソコンなど17台が新種ウイルスに感染しており、情報が外部へ漏洩している可能性があることが2月5日に判明した。

流出の可能性があるのは、宇宙、衛星事業関連の取引先会社名と担当者の個人情報、および関連技術情報。有料多チャンネル事業に関する個人情報は含まれない。

同社では感染した端末をネットワークから切断。サーバに対してアクセス制限を実施したうえで、感染経路や時期、影響の範囲について調査を進めている。

(Security NEXT - 2013/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - すでに悪用も
トレンドのログ調査ツールに脆弱性 - 最新版の利用を
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加