Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバやPC17台がウイルス感染、情報流出の可能性 - スカパーJSAT

スカパーJSATの社内にあるサーバやパソコンなど17台がウイルスへ感染していたことがわかった。宇宙、衛星事業関連の取引先情報や技術情報が、外部へ流出した可能性があるという。

同社において、複数サーバのCPUに高負荷がかかったことから、原因を調査したところ、サーバやパソコンなど17台が新種ウイルスに感染しており、情報が外部へ漏洩している可能性があることが2月5日に判明した。

流出の可能性があるのは、宇宙、衛星事業関連の取引先会社名と担当者の個人情報、および関連技術情報。有料多チャンネル事業に関する個人情報は含まれない。

同社では感染した端末をネットワークから切断。サーバに対してアクセス制限を実施したうえで、感染経路や時期、影響の範囲について調査を進めている。

(Security NEXT - 2013/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
JC3、マルウェア付きメールの送信日や件名を一覧化したページを公開