Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、電力、ガス、ビル分野のサイバーセキュリティ演習を実施

経済産業省は、電力、ガス、ビル分野について、演習用模擬システムを用いた国内初のサイバーセキュリティ演習を官民共同で実施すると発表した。

重要インフラおよび工場プラントで使用される制御システムの稼動停止や破壊を狙ったサイバー攻撃が、世界的に頻発している現状を受け、同省では攻撃への対応を強化するために演習を実施するもの。

演習では、模擬システムを用いて実際にインシデントが発生した場合の課題を検証。電力分野では日立製作所の大みか事業所、ガス分野ではアズビルの研究開発拠点である藤沢テクノセンター、ビル分野ではアークヒルズ仙石山森タワーにおいて、2月から3月にかけて実施される。

今後は演習で得られた課題をもとに、攻撃へのさらなる対応強化を図る。そのため、宮城県多賀城市に構築中の東北多賀城技術センターを中心に、より安全な制御技術の研究、開発を官民共同で進めるとしている。

(Security NEXT - 2013/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上