Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他社製品と併用できる「Dr.Web Cure It!」に最新版 - 個人なら無料で利用可能

Doctor Web Pacificは、インストールせずに利用できるセキュリティ対策ソフト「Dr.Web Cure It!」の最新版を公開した。個人ユーザーであれば無料で利用できる。

同製品は、PCにおいてウイルスのスキャンや駆除を行えるセキュリティ対策ソフト。インストールが不要で、他社のウイルス対策製品がインストールされている環境でも利用できる。

最新版では、マルチスレッドスキャンを採用しておりスキャンの速度が向上。また同社の他製品に搭載されているあらたなルートキット対策機能を追加した。

さらにカスタムスキャンモードでは、どの領域をスキャンするか個別に選択できるようになったほか、スキャンの実行中にネットワークへのアクセスをブロックするオプションを追加しており、スキャン中の再感染を防止できる。

個人ユーザーは無料。法人ユーザーは有償ライセンスを購入して利用する。ライセンスの価格は、50から99台で利用する場合、1台あたり1850円/年。

(Security NEXT - 2013/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ