Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

遠隔ウイルスの犯人情報募集でFacebookページ - 「いいね」1000件超

遠隔操作ウイルス事件合同捜査本部は、遠隔から操作できるウイルスなどを用いて犯罪予告を行った威力業務妨害事件の解決に向け、12月21日にFacebookページを開設した。同事件は、報奨金の対象に指定されており情報提供を呼びけている。

問題の事件は、6月から9月にかけて、横浜市役所や大阪市中央区役所など複数のウェブサイトに対する投稿や、メールにより脅迫文を送り付け、業務を妨害した一連の事件。同事件では、書き込みに利用されたパソコンの所有者が、犯人として誤認逮捕される事態に発展している。

警察庁では、12月に入り、同事件について有力な情報の提供者には最高300万円を支払う捜査特別報奨金制度の対象事件に指定。ウェブサイトを開設して情報提供をもとめていたが、あらたにFacebook上に専用ページを設けた。開設から数日で同ページに対する「いいね!」は1000件を越えている。

またウェブサイトでは、犯行予告の具体的な内容や犯行の時間帯、その後犯人が送り付けた犯行声明や自殺予告メールの内容など、より詳細な情報をあらたに公開している。

(Security NEXT - 2012/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
NICOSカードのシステム障害 - HDD3台が同時に故障
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
コネクテッドカーへのサイバー攻撃、約8割「標的になると思う」
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援