Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、ゲートウェイ利用者にMSSを提供 - インシデント対応も支援

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、マネージドセキュリティサービス「Check Point ThreatCloud Security Services」を提供開始する。

同サービスは、組織内に設置した同社セキュリティゲートウェイのイベントを、フルタイムで監視するマネージドセキュリティサービス(MSS)。2種類のメニューを用意している。

ネットワークへの攻撃を遮断する「Check Point ThreatCloud Managed Security Service」では、イベントログを分析して、ネットワークトラフィックの状況から攻撃を発見。対策に役立つ情報を提供する。同社ゲートウェイのウイルス対策やIPSにおけるポリシーのチューニングにも対応する。

一方、「Check Point ThreatCloud Incident Response」は、重大なセキュリティインシデントの発生時にサポートを提供するもので、必要とされる対策や問題解決方法を提案。早期解決を支援する。

(Security NEXT - 2012/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン