Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内SaaS型セキュリティソフト市場規模、2016年は148億円に拡大 - IDC予測

2011年の国内SaaS型セキュリティソフトウェアは、前年比成長率19.9%と堅調に推移し、市場規模は72億円に拡大した。

IDC Japanが取りまとめたもので、売上額の割合を機能別に見ると、「セキュアコンテンツ/脅威管理市場」が54.6%を占めた。続く「アイデンティティ/アクセス管理市場」も41.3%にのぼっており、この2分野で9割以上を占める。

標的型攻撃の増加により、ウイルス対策ソフトの更新管理に対する重要性が高まっているほか、クラウドの利用拡大による認証の標準化や連携、災害時の事業継続性への対応など、引き続き安定した需要が見込まれ、2011年から2016年の年間平均成長率は15.5%となる見通し。同社では2016年の市場規模を148億円と予測している。

(Security NEXT - 2012/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足