Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTアイティ、BCPに特化したリモートアクセスサービス

NTTアイティは、災害など緊急時にのみリモートアクセスを活用したい企業向けに、「マジックコネクトBCPあんしんサービス」を12月5日より販売開始する。

同サービスは、外部からオフィス内のPCを利用できる緊急時向けのリモートアクセスサービス。「Windows」や「iPhone」「iPad」「Android端末」に対応しており、組織のPCやサーバにアクセスして業務を行うことができる。

同社では、従来よりリモートアクセスサービス「マジックコネクト」を展開しているが、平常時にサービスを利用しない企業向けに、ランニングコストを抑えた新メニューを用意した。災害など緊急時の事業継続にリモート接続を活用したい企業の需要を取り込む。

サービスを利用しなかった場合、初期費用とアカウント管理料のみで利用できる。注文は、10アカウント以上から。「マジックコネクト」の既存利用者によるサービス移行にも対応する。

同社では今回のサービス開始にあわせ、組織ネットワーク内に設置されたPCの電源を外部から起動できるWOLコントローラ「MC3000」のプレゼントキャンペーンを実施する。2013年3月22日まで。

(Security NEXT - 2012/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
動作記録とアラートから脅威を判断、対応支援するイスラエル製「SECDO」 - 丸紅ITSが発売
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
中小企業向けにウェブアプリ診断サービス - セキュアイノベーション
暗号化製品「FinalCode」に新版 - フォルダ単位のファイル操作が可能に
オープンソースのリモートフォレンジックツール「Bitscout」が公開
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス