Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パソコン4台に新種ウイルス、感染経路を調査 - 三菱重工

三菱重工業は、従業員が使用する業務用パソコンがウイルスに感染していたことを明らかにした。

同社によれば、同社の名古屋航空宇宙システム製作所で宇宙関連業務に使用している端末4台から新種のウイルスが見つかったもので、ウイルス感染により端末内部のデータが外部へ流出した可能性があるという。

同社では、被害拡大防止対策としてウイルス駆除などを実施したとしており、外部の専門家と感染経路や流出の有無など、被害状況を調べている。

(Security NEXT - 2012/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ESETのエンドポイント用インストーラーに脆弱性 - 最新版の利用を
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染