Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パソコン4台に新種ウイルス、感染経路を調査 - 三菱重工

三菱重工業は、従業員が使用する業務用パソコンがウイルスに感染していたことを明らかにした。

同社によれば、同社の名古屋航空宇宙システム製作所で宇宙関連業務に使用している端末4台から新種のウイルスが見つかったもので、ウイルス感染により端末内部のデータが外部へ流出した可能性があるという。

同社では、被害拡大防止対策としてウイルス駆除などを実施したとしており、外部の専門家と感染経路や流出の有無など、被害状況を調べている。

(Security NEXT - 2012/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市