Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、1件のSSL証明書で複数FQDNに対応する定額サービス

GMOグローバルサインは、最大101個のFQDNまで対応するSSL証明書の定額制サービス「クラウドSSL」を提供開始した。

同サービスは、同一グローバルIPアドレスで運営する複数サイトについて、1枚のSSL証明書で対応する新サービス。2月から提供している「マルチドメインオプション」をもとに開発した。

1件のSSLサーバ証明書に対し、最大100件のFQDNを追加することが可能。FQDNの追加の際にドメイン使用許諾書を提出する必要がなく、定額制サービスとして提供するため、追加や削除時の費用も発生しない。

ホスティング事業者やキャンペーンなど多数サイトを運営する企業へ展開。APIを提供するため、自社サービスに組み込んで運用できる。料金は契約期間や最大FQDN件数で異なるため、個別見積もりにて対応する。

(Security NEXT - 2012/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
「EV SSL証明書」の半額キャンペーン - サイバートラスト
NEC、マイナンバーカードの活用を支援するソリューション