Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホカメラを利用した静脈と掌紋のハイブリッド認証ソフトを開発

ソフトバンクモバイルとユニバーサルロボットは、スマートフォンなどのカメラを利用し、手のひらの静脈と掌紋の形状によるハイブリッド認証を行えるソフトをあらたに開発した。

今回両社が開発したのは、スマートフォンや家電に搭載されたデジタルカメラを利用し、静脈と掌紋を同時に抽出して個人を認証するソフトウェア。

静脈認証にあたっては、可視光線を利用する独自の静脈検出アルゴリズムを採用。従来必要とされていた赤外線を利用せずに認証が行える。

両社は、インターネットサービスやオンラインバンキングの認証へ活用できるとし、2012年度中の製品化を目指して開発を進める。

(Security NEXT - 2012/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
日本HP、BIOS保護やウェブ経由のマルウェア感染対策など新機能 - 覗き見防止機能も
ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に
「Androidアプリのセキュアコーディングガイド」に最新英語版