Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホカメラを利用した静脈と掌紋のハイブリッド認証ソフトを開発

ソフトバンクモバイルとユニバーサルロボットは、スマートフォンなどのカメラを利用し、手のひらの静脈と掌紋の形状によるハイブリッド認証を行えるソフトをあらたに開発した。

今回両社が開発したのは、スマートフォンや家電に搭載されたデジタルカメラを利用し、静脈と掌紋を同時に抽出して個人を認証するソフトウェア。

静脈認証にあたっては、可視光線を利用する独自の静脈検出アルゴリズムを採用。従来必要とされていた赤外線を利用せずに認証が行える。

両社は、インターネットサービスやオンラインバンキングの認証へ活用できるとし、2012年度中の製品化を目指して開発を進める。

(Security NEXT - 2012/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」