Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「電波改善」など便利機能でスマホユーザー騙す不正アプリ - SNSのリンクにも注意を

Android端末の機能改善アプリを装った不正アプリが出回っている。スパムメールだけでなく、SNS経由でもリンクが拡散しておりシマンテックが注意を呼びかけた。

これまでもAndroid端末の電池消費を抑えるアプリを装い、アドレス帳の内容を外部へ送信する不正アプリが発見されて話題となったが、シマンテックによれば、その後も「エコ電池アプリ」「ソーラー式の電池充電アプリ」「電波改善アプリ」など偽アプリが出回っているという。

シマンテックでシニアレスポンスマネージャを務める浜田穣治氏は、こうしたアプリについて携帯端末の使い勝手をよくしたいユーザーを狙ったものであり、近い将来、さらに多くの偽アプリが発見されるのではないかと警鐘を鳴らしている。

拡散方法についても、アプリを紹介するスパムメールが、携帯電話キャリアを含むさまざまなドメインから送信されているほか、ブログやSNSを通じてもリンクが拡散。警戒心に乏しいユーザーを騙すためにソーシャルエンジニアリングが使われていると同氏は指摘し、投稿のリンクに対しても注意したり、セキュリティ対策ソフトを活用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」