Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、スマホ利用者情報の取扱に関する提言を取りまとめ

総務省は、スマートフォンの利用者情報を適切に取り扱うことを目的とした提言「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」を発表した。

スマートフォンが普及する一方で、十分説明せずに利用者情報を利用するアプリが多く、利用者の不安が高まっているとして、同省では2012年1月に「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」へワーキンググループを設置。

スマートフォンにおける利用者情報を安全に活用し、利便性の高いサービス提供につなげることを目的に提言として取りまとめ、意見募集の結果を踏まえた上で決定した。

同提言では、諸外国の動向や現状の課題を踏まえた上で、利用者情報の取り扱いに関して求められる対応を検討。

OSやアプリ開発者、キャリアなどスマートフォン関連事業者に対する「スマートフォン利用者情報取扱指針」をはじめ、第三者によるアプリ検証のしくみなど指針の実効性を上げるための方策や利用者のリテラシー向上のための方策、国際連携の推進などを取りまとめた。

(Security NEXT - 2012/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
セキュリティ対策の情報開示のあり方でパブコメ - 総務省
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
【特別企画】IoTで実現する「データ主導社会」、成功のカギは? - 総務省谷脇氏
公衆無線LANにおけるセキュリティのあり方をまとめた報告書 - 総務省
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞