Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、スマホ利用者情報の取扱に関する提言を取りまとめ

総務省は、スマートフォンの利用者情報を適切に取り扱うことを目的とした提言「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」を発表した。

スマートフォンが普及する一方で、十分説明せずに利用者情報を利用するアプリが多く、利用者の不安が高まっているとして、同省では2012年1月に「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」へワーキンググループを設置。

スマートフォンにおける利用者情報を安全に活用し、利便性の高いサービス提供につなげることを目的に提言として取りまとめ、意見募集の結果を踏まえた上で決定した。

同提言では、諸外国の動向や現状の課題を踏まえた上で、利用者情報の取り扱いに関して求められる対応を検討。

OSやアプリ開発者、キャリアなどスマートフォン関連事業者に対する「スマートフォン利用者情報取扱指針」をはじめ、第三者によるアプリ検証のしくみなど指針の実効性を上げるための方策や利用者のリテラシー向上のための方策、国際連携の推進などを取りまとめた。

(Security NEXT - 2012/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
総務省と経産省、データポータビリティに関する検討会 - 社会インフラ分野も含め議論
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施