Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブルーコート、無許可のモバイルアプリ実行を制限する新機能をリリース

ブルーコートシステムズは、企業ネットワーク上のモバイル端末を一元管理し、モバイルアプリの利用を制御する「モバイルアプリケーションコントロール」を発表した。

同機能は、ウェブアプリケーションの制御をモバイルアプリに拡張したもので、企業ネットワーク上の端末の挙動を監視してポリシーを適用し、モバイルアプリの制御を実現する。

利用を禁止するだけでなく、「Twitter」などの場合は書き込みのみ禁止し、閲覧を許可するといった運用が可能。対応するアプリケーションおよび各種コントロールを毎月アップデートする。

「Blue Coat ProxySG」のサポート契約中でウェブフィルタを利用しているユーザーは、追加料金なしで利用できる。

(Security NEXT - 2012/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
Lookout、自社開発したiOS向けアプリの危険性評価機能を提供
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト