Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、短期で導入できる標的型攻撃対策アプライアンスを発売

NECは、標的型攻撃対策に特化したアプライアンス製品「Deep Discovery powered by Express5800」を、7月31日より発売する。

同製品は、NEC製サーバ「Express5800」にトレンドマイクロのネットワーク監視ソフト「Deep Discovery」を搭載したアプライアンス製品。最短1カ月で導入できる。

従来のパターンマッチングや振る舞い検知にくわえ、仮想環境にて動的解析を行うことで未知のウイルスを検知し、組織内部のシステムへウイルスの侵入を防ぐ「入口対策」を実現する。

ウイルス感染した場合も、感染PCと外部サーバとの通信をリアルタイム検知して管理者へ通知することができ、情報漏洩など被害の拡大を抑止する「出口対策」に対応する。

価格は、エントリーモデルが498万9600円。Advanced版が782万4600円。また同社が顧客の環境確認を事前に行い、環境に適した設定や動作確認を実施して製品のスムーズな導入を支援する簡易SIパックを、102万9000円より提供する。

(Security NEXT - 2012/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック