Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、短期で導入できる標的型攻撃対策アプライアンスを発売

NECは、標的型攻撃対策に特化したアプライアンス製品「Deep Discovery powered by Express5800」を、7月31日より発売する。

同製品は、NEC製サーバ「Express5800」にトレンドマイクロのネットワーク監視ソフト「Deep Discovery」を搭載したアプライアンス製品。最短1カ月で導入できる。

従来のパターンマッチングや振る舞い検知にくわえ、仮想環境にて動的解析を行うことで未知のウイルスを検知し、組織内部のシステムへウイルスの侵入を防ぐ「入口対策」を実現する。

ウイルス感染した場合も、感染PCと外部サーバとの通信をリアルタイム検知して管理者へ通知することができ、情報漏洩など被害の拡大を抑止する「出口対策」に対応する。

価格は、エントリーモデルが498万9600円。Advanced版が782万4600円。また同社が顧客の環境確認を事前に行い、環境に適した設定や動作確認を実施して製品のスムーズな導入を支援する簡易SIパックを、102万9000円より提供する。

(Security NEXT - 2012/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供
仕様書に沿ったサイバー攻撃対策のカスタマイズ演習コースを提供 - DNP
NTTコム、「WideAngle」のインシデント対応メニューを拡充
標的型攻撃の対応をゲームで学べる無料のオンライン教材