Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【書籍】サイバー攻撃の現状などを解説した「サイバー戦争」

マイナビは、サイバー攻撃の現状などを解説した「サイバー戦争」をマイナビ新書より6月23日に発売する。新書判216ページで価格は872円。ISBNは「978-4-8399-4229-8」。

同書は、近年発生しているサイバー空間における脅威や国家のインフラに影響を及ぼしかねない「サイバー戦争」の話題を取り上げた書籍。執筆は、インターネット文化を研究するフリーライターの山田井ユウキ氏。

サイバー攻撃の手口やウイルスの歴史、国家間で起きているサイバー戦争、国民が取るべき対策など、実例を交えて解説しており、インターネットユーザーがサイバー戦争へ巻き込まれないため手助けとなる1冊に仕上げた。

(Security NEXT - 2012/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施