Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産学連携で923ビットのペアリング暗号解読に成功 - 252コアで148.2日間

情報通信研究機構(NICT)、九州大学、富士通研究所は、ペアリング暗号における278桁長の暗号解読に世界ではじめて成功したと発表した。

標準化が進められている公開鍵暗号技術「ペアリング暗号」の安全性に関する研究として、従来より暗号解読期間に数十万年が必要とされる278桁長、923ビットの解読を行ったもの。

汎用コンピュータ21台(252コア)を利用して、148.2日間で解読することに成功。従来の世界記録204桁長、676ビットを大きく上回り、現実的な時間で解読が可能であることを示した。

今回の検証では、数式による初期値の最適化や、データ探索を二次元空間に拡張する技術など、新しい攻撃手法を活用。計算技術、並列プログラミング技術などを駆使して機器の演算能力を補った。

今回の成果は、暗号技術が危殆化する時期などを見極める根拠のひとつとなり、安全な暗号の利用や、次世代暗号の標準化にあたって活用される。

(Security NEXT - 2012/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
公衆無線LANにおけるセキュリティのあり方をまとめた報告書 - 総務省
JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催
総務省 - 公衆無線LANのセキュリティ対策で意見募集
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か