Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

炭酸水製造器の購入者台帳を紛失 - 東急ハンズ

東急ハンズ広島店において、商品を購入した顧客37人の個人情報が記載された台帳が所在不明になっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、家庭用の炭酸水製造器「ソーダストリーム」または専用ガスボンベを購入した顧客用の台帳で、2012年2月14から5月4日の間に購入した37人の氏名、住所、電話番号、購入したガスボンベのシリアル番号などが記載されていた。

店舗の取り扱いフロアで管理していたが、5月30日に紛失が判明。店舗では、対象者の氏名しか確認できないため、同店のポイントカードに入会していない17人については個人を特定できないため、心当たりがある場合は申し出るよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
保管文書台帳に個人名、配慮必要な情報も - 長崎県
宴会の予約台帳が所在不明に - 居酒屋チェーン
顧客情報記載の書類が所在不明に - 日商ガス販売
「古物取引承諾書」を保管期限前に誤廃棄 - ブックオフ
顧客情報含む書類を店舗改装中に紛失 - レデイ薬局
採寸サイズなど含む顧客台帳2冊が盗難 - トリンプ
職員が住基システムで個人情報を業務外閲覧 - 大阪市
学会配布の麻酔台帳ソフトに患者情報が混入 - バグ修正時のデータが残存