Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県サイトの道路台帳図面、個人氏名を誤掲載 - 新潟県

新潟県は、同県ウェブサイトで公開していた道路台帳図面において、個人情報の削除漏れがあったことを公表した。

同県によれば、2023年6月5日にウェブサイト閲覧者から情報提供があり、個人情報が掲載されていることが判明。道路台帳図面の公開を停止した。

その後、道路台帳図面の公開を再開したが、同月19日に再び閲覧者から個人情報1件が削除されていないと指摘があり、公開を再度停止。

6月以降、12月にかけて個人情報の掲載がないか確認したところ、31人分の掲載が判明した。掲載されていたのは、個人の住宅の所有者23人の氏名と、道路台帳図面を作成した企業の担当者8人の氏名。

同県では、確認作業時のチェックが不十分だったとし、個人情報が掲載されていた関係者に経緯の説明と謝罪を行った。

2023年度末より、データの閲覧希望者に対しては、ウェブサイトの区画割図で図面番号を確認した上で請求し、データを交付する方式に変更することで再発の防止を図る。

(Security NEXT - 2024/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ