Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox」で「Flash Player 11.3」利用時に不具合 - クラッシュのおそれ

Mozillaは、Windows版のFirefoxにおいて、6月8日に公開された「Adobe Flash Player 11.3」を利用した場合に、不具合が発生する可能性があることを明らかにした。

Adobe Systemsでは、6月8日に「Adobe Flash Player」の最新版を公開し、脆弱性7件を修正。新機能として、Firefox向けに「保護モード」を搭載したが、同機能が原因とみられる不具合の報告が寄せられているという。

Firefox向けの「保護モード」は、Windows Vista以降において悪意のあるSWFファイルを開いた際、攻撃の影響を緩和する機能。Windows版の「同11.3.300.257」に搭載されたが、「Flash Playerプラグイン」のクラッシュ、動画を再生できない、日本語を入力できないなど複数の問題が発生している。

現時点で、Adobe Systemsより修正バージョンは提供されておらず、MozillaとAdobeでは協力して調査を進めている。

(Security NEXT - 2012/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
「Flash Player」脆弱性、パッチ提供1週間前に研究者が詳細公表済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「Flash Player」の偽更新プログラムに注意 - 正規更新で攻撃を隠ぺい
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ関連の修正含まず
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
「Adobe Flash Player」の新版がリリース - 脆弱性1件を修正