Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プーチン氏再選に便乗するスパムが発生 - 感染でファイル削除

ロシア大統領選の混乱に乗じたスパムメールがロシアで出回っている。添付ファイルを開くと、PC内部のデータを破壊する深刻なトロイの木馬に感染するおそれがあるという。

シマンテックによれば、問題のメールは、プーチン氏当選の抗議集会へ参加を呼びかけるメールと見せかけたもので、3月5日ごろから確認されている。

選挙結果に興味を持つインターネットユーザーを狙ったもので、「デモに参集を」「デモ行動の手引き」「公正な選挙を求める集会」といった件名がつけられ、反プーチン派のデモに関連するドキュメントに見せかけたファイルが添付されていた。

同社が分析したところ、ファイル内には不正なマクロが仕込まれており、セキュリティ対策を講じていない端末で開くと暗号化されたトロイの木馬をダウンロードして実行するという。

トロイの木馬が実行された場合は、「exe」「doc」「xls」をはじめとする特定の拡張子を持ったファイルを検索し、上書きした上で削除され、復旧できない。

またインターネットへ接続し、トロイの木馬「Trojan.Smoaler」の感染を試みるほか、コンピュータをクラッシュさせるコードを実行するよう仕組まれていたという。

世間で話題となっているニュースに便乗する攻撃は、これまでもたびたび報告されており、シマンテックは迷惑メールの添付ファイルへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
仮想通貨取引所やウェブウォレットのアカウント情報がマルウェアの標的に
100万件超ダウンロードされた人気ゲームアプリに「バックドア」 - Doctor Webが指摘
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
マルウェアメールの着信国、日本が2番目
「Gozi」の後継「DreamBot」による不正送金被害が1月に発生