Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約2800件の契約情報をメールで誤送信 - アフラック

アメリカンファミリー生命保険(アフラック)は、契約者情報を、誤った宛先にメールで送信していたことを明らかにした。

2月27日に同社仙台総合支社の従業員が、契約情報を保存したファイルをメールで同社代理店へ送信しようとした際、無関係の宛先に誤送信したもの。送信先とは連絡が取れない状況だという。

送付したファイルには、氏名や生年月日、住所、電話番号のほか、保険の種類や支払い方法、保険料など2809件の契約情報が保存されており、個人情報2555人分が含まれる。

同社は同ファイルについて、センシティブ情報やクレジットカード情報は含まれておらず、パスワードについても設定していたと説明している。

今回の事故を受け、同社では関連する顧客に対して書面を送付し、事情の説明や謝罪を実施。また再発防止のため、データの送信法法について見直しを行うとしている。

(Security NEXT - 2012/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
医療費受給者証の更新申請書で個人情報を誤記載 - 下関市
個人情報含む書類を別人に送付、作業ミスで - 岩国市
GMO-PG、情報流出で重複分除く件数を公表 - クレカ不正利用は未確認
住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響