Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTアイティ、Android端末やiPad向けにクラウド型リモートアクセスサービス

NTTアイティは、スマートデバイスで組織内のPCへリモート接続できるクラウドサービス「マジックコネクト・モバイル」を、日本国内や東南アジア、北米で2月27日より提供開始する。

同社では、従来よりWindows向けに「USBトークン」を利用したリモート接続ソリューション「マジックコネクト」を提供しており、需要の多かったAndroid端末やiPadに対応したサービスを拡充したもの。

接続するPCにマジックコネクトクライアントを、Android端末やiPadに「マジックコネクトビューア」をインストールすることで利用でき、VPN専用装置を用意することなく、リモート接続が行える。

VPN接続時の認証には、IDとパスワードのほか、端末の固有情報や端末に保存した電子証明書を利用することが可能。

端末にリモートPCの情報は保存されず、端末へのダウンロードやコピー&ペースト、社外プリンタへの出力を禁止しているほか、端末紛失時には、管理機能よりサーバに対する接続を禁止できる。

1アカウントから契約可能で、年間利用料は、1アカウントあたり1万2600円。別途、アカウントごとに初期費用1万500円が必要。

(Security NEXT - 2012/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
ブロックチェーンシステム向けにセキュリティ診断サービス - NRIセキュア
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開