Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTアイティ、Android端末やiPad向けにクラウド型リモートアクセスサービス

NTTアイティは、スマートデバイスで組織内のPCへリモート接続できるクラウドサービス「マジックコネクト・モバイル」を、日本国内や東南アジア、北米で2月27日より提供開始する。

同社では、従来よりWindows向けに「USBトークン」を利用したリモート接続ソリューション「マジックコネクト」を提供しており、需要の多かったAndroid端末やiPadに対応したサービスを拡充したもの。

接続するPCにマジックコネクトクライアントを、Android端末やiPadに「マジックコネクトビューア」をインストールすることで利用でき、VPN専用装置を用意することなく、リモート接続が行える。

VPN接続時の認証には、IDとパスワードのほか、端末の固有情報や端末に保存した電子証明書を利用することが可能。

端末にリモートPCの情報は保存されず、端末へのダウンロードやコピー&ペースト、社外プリンタへの出力を禁止しているほか、端末紛失時には、管理機能よりサーバに対する接続を禁止できる。

1アカウントから契約可能で、年間利用料は、1アカウントあたり1万2600円。別途、アカウントごとに初期費用1万500円が必要。

(Security NEXT - 2012/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
通信事業者向けにソリューション「TMCC」 - トレンド
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン