Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検出数と感染数ともに「WORM_DOWNAD」がトップ - トレンド年間レポート

トレンドマイクロは、2011年における国内外のマルウェア検出状況を速報として取りまとめた。「WORM_DOWNAD」が圧倒的に多かった。

同社において、2011年1月から12月15日までのマルウェアに関する状況をまとめ、速報として公表したもの。

同社製品やサービスで検知したマルウェアで国内、ワールドワイドともに最多だったのは、USBメモリなどで感染を拡大、Windowsの脆弱性を悪用する「WORM_DOWNAD」。同ワームは、別名「Conficker」としても知られている。

特にワールドワイドでは突出しており、2位の約3倍にあたる144万6874台から検出された。国内でも、5万8740台から見つかっている。

2位に続いたのが、ライセンスを購入せずにソフトウェアを利用できるようにするクラッキングツール「CRCK_KEYGEN」、国内、ワールドワイドでそれぞれ3万7379台、46万3371台から検出された。

また国内では、ファイル共有ソフト経由で感染を拡大するワームで、いわゆる「暴露ウイルス」としても知られる「WORM_ANTINNY」が依然として検知されており、亜種が3位、5位、6位にランクインしている。

(Security NEXT - 2011/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年のセキュリティ投資、3割弱が前年度上回る - 業種や規模で対策状況が二極化
サイト改ざんが1.5倍強、ランサムウェア感染のDBD攻撃なども - DoS攻撃は約8倍に
中規模企業の58%がセキュリティ人材の不足を懸念 - デル調査
2015年4Q、新種ランサムウェアは100万件弱 - RaaSビジネスが後押し
警察庁、2015年にC&Cサーバ48台をテイクダウン
2015年下半期はDBD攻撃が約1.4倍に - 9割超がFlash脆弱性を悪用
上場企業など6.3%が標的型攻撃でマルウェア感染
IoT機器がボット化、脆弱性探索に悪用か - 国内IPからも
「ランサムウェア」や「偽警告」に関する相談が増加
2015年4Qの不審なメール情報は723件、標的型攻撃メールは19件