Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検出数と感染数ともに「WORM_DOWNAD」がトップ - トレンド年間レポート

トレンドマイクロは、2011年における国内外のマルウェア検出状況を速報として取りまとめた。「WORM_DOWNAD」が圧倒的に多かった。

同社において、2011年1月から12月15日までのマルウェアに関する状況をまとめ、速報として公表したもの。

同社製品やサービスで検知したマルウェアで国内、ワールドワイドともに最多だったのは、USBメモリなどで感染を拡大、Windowsの脆弱性を悪用する「WORM_DOWNAD」。同ワームは、別名「Conficker」としても知られている。

特にワールドワイドでは突出しており、2位の約3倍にあたる144万6874台から検出された。国内でも、5万8740台から見つかっている。

2位に続いたのが、ライセンスを購入せずにソフトウェアを利用できるようにするクラッキングツール「CRCK_KEYGEN」、国内、ワールドワイドでそれぞれ3万7379台、46万3371台から検出された。

また国内では、ファイル共有ソフト経由で感染を拡大するワームで、いわゆる「暴露ウイルス」としても知られる「WORM_ANTINNY」が依然として検知されており、亜種が3位、5位、6位にランクインしている。

(Security NEXT - 2011/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱