Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検出数と感染数ともに「WORM_DOWNAD」がトップ - トレンド年間レポート

トレンドマイクロは、2011年における国内外のマルウェア検出状況を速報として取りまとめた。「WORM_DOWNAD」が圧倒的に多かった。

同社において、2011年1月から12月15日までのマルウェアに関する状況をまとめ、速報として公表したもの。

同社製品やサービスで検知したマルウェアで国内、ワールドワイドともに最多だったのは、USBメモリなどで感染を拡大、Windowsの脆弱性を悪用する「WORM_DOWNAD」。同ワームは、別名「Conficker」としても知られている。

特にワールドワイドでは突出しており、2位の約3倍にあたる144万6874台から検出された。国内でも、5万8740台から見つかっている。

2位に続いたのが、ライセンスを購入せずにソフトウェアを利用できるようにするクラッキングツール「CRCK_KEYGEN」、国内、ワールドワイドでそれぞれ3万7379台、46万3371台から検出された。

また国内では、ファイル共有ソフト経由で感染を拡大するワームで、いわゆる「暴露ウイルス」としても知られる「WORM_ANTINNY」が依然として検知されており、亜種が3位、5位、6位にランクインしている。

(Security NEXT - 2011/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加