Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金正日総書記死去に便乗する標的型攻撃が発生 - 日本IBMが確認

北朝鮮の金正日総書記の死去が12月19日に報じられたことを受け、早くも今回のニュースに便乗する標的型攻撃が発生している。

日本IBMの東京セキュリティー・オペレーション・センターが、国内企業を対象とした標的型攻撃メールを12月20日に検知したもので、問題のメールには、細工されたPDFファイルが添付されており、「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」の脆弱性を攻撃するという。

悪用されている脆弱性は、「同9.4.6」「同10.1.1」および以前のバージョンに含まれる「CVE-2011-2462」。Windows版については、同脆弱性を修正したアップデートとして「同9.4.7」が、12月16日より提供開始となったばかり。

「同10.1.1」については、保護モードを利用することにより攻撃を防ぐことができるとして、Adobe Systemsでは1月10日の定例アップデートで修正する予定。また「Mac OS X」や「Unix」向けのアップデートについても同日となるとしている。

日本IBMでは、同様の攻撃が引き続き発生する可能性があるとして注意喚起を行っており、アプリケーションを最新版へアップデートするなど対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加