Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MSRT」がリムーバブルメディア経由で感染する「Win32/Helompy」に対応

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開にあわせて、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新した。

12月に対応したプログラムは、USBメモリなどリムーバブルドライブ経由で拡散するワーム「Win32/Helompy」。同マルウェアは、感染するとユーザーのキー入力情報を監視し、
「Gmail」や「Facebook」「PayPal」「オンラインバンキング」をはじめ、ウェブサイトやサービスに認証情報を窃取し、リモートに送信する。

日本マイクロソフトセキュリティレスポンスチームでセキュリティスペシャリストを務める松田英也氏によれば、同ワームはトルコにおいて感染が拡大しており、米国やブラジルなどでも被害が見られるが、日本国内では目立った活動は確認されていないという。

(Security NEXT - 2011/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱