Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、ストレージ向けセキュリティ対策製品をリリース

カスペルスキーは、ストレージ向けセキュリティ対策製品の最新版「Kaspersky Anti-Virus 8 for Storage」を発売した。

同製品は、EMC Celerraストレージシステム専用の法人向けセキュリティ対策製品。同ファミリーの全ネットワークストレージ製品で利用でき、階層ストレージ管理にも対応している。「Hyper-V」のサポートや「VMware Ready認証」を取得している。

データ保存時やデータ変更時にリアルタイムでスキャンを実行することが可能。対策エンジンには、マルウェアを識別するヒューリスティックアナライザーなど最新技術を搭載した。

特定のプロセスやファイルタイプをスキャンから除外したり、スキャンについて速度優先や安全性重視など柔軟に設定することが可能。「Kaspersky Security Center」や「Microsoft Management Console」のほか、コマンドラインによる操作など、管理オプションが用意されている。

(Security NEXT - 2011/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
DX向けサービスのリスク評価や対策を支援 - NRIセキュア
関連企業やSCのセキュリティ対策状況を可視化するサービス - NRIセキュア
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS