Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルセキュリティ対策市場、2015年度に14.3倍へ - 紛失対策は196.7倍となる見込み

国内のモバイルセキュリティ対策ツールの市場が、2015年度には134億3000万円となり、2010年度の14.3倍になるとの市場予測が発表された。

富士キメラ総研が実施した国内のネットワークセキュリティビジネスの市場調査の結果より、見通しが明らかになったもの。

モバイルデバイスを対象としたウイルス対策、フィルタリング、暗号化、認証ツール、およびUSBメモリのセキュリティ対策ツールなどの市場は、2010年度は9億4000万円。前年度比268.6%の成長率を記録した。2015年度の市場は、さらに14.3倍となる134億3000万円へ達する見込みだという。

モバイル端末のセキュリティポリシー管理や、端末紛失時のデータ流出を防ぐ機能を提供するセキュリティ管理サービス市場は、2010年度は3000万円と小規模だが、スマートフォンを導入する企業の増加に伴い、サービス利用の拡大が予測されている。

2011年度は、特に生保や損保業界など大規模な導入が検討されており、2015年度の市場は196.7倍にあたる59億円まで市場が成長すると同社では予測している。

(Security NEXT - 2011/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に