Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索結果を書き換えて不正サイトに誘導する「Bamital」にMSRTが対応

日本マイクロソフトは、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新し、トロイの木馬「Bamital」に対応した。

「Bamital」は、ブラウザ上に表示される検索エンジンの検索結果を書き換え、不正サイトへ誘導するマルウェア。感染するとマルウェア配布サイトやフィッシングサイトに誘導されるおそれがある。

感染経路としては、他マルウェアによりインストールされるケースが多く、「Internet Explorer」「Firefox」「Chrome」「Opera」「Safari」など幅広いブラウザに影響がある。

日本マイクロソフトセキュリティレスポンスチームでセキュリティスペシャリストを務める松田英也氏によれば、同マルウェアは欧米やカナダなどで活動が活発で国内では目立った動きは今のところ観測されていないという。

(Security NEXT - 2011/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響