Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索結果を書き換えて不正サイトに誘導する「Bamital」にMSRTが対応

日本マイクロソフトは、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新し、トロイの木馬「Bamital」に対応した。

「Bamital」は、ブラウザ上に表示される検索エンジンの検索結果を書き換え、不正サイトへ誘導するマルウェア。感染するとマルウェア配布サイトやフィッシングサイトに誘導されるおそれがある。

感染経路としては、他マルウェアによりインストールされるケースが多く、「Internet Explorer」「Firefox」「Chrome」「Opera」「Safari」など幅広いブラウザに影響がある。

日本マイクロソフトセキュリティレスポンスチームでセキュリティスペシャリストを務める松田英也氏によれば、同マルウェアは欧米やカナダなどで活動が活発で国内では目立った動きは今のところ観測されていないという。

(Security NEXT - 2011/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
「端末がウイルスに感染」と脅して偽サイトへ誘導 - ドコモかたるフィッシング
「三菱クレジットカード」を名乗るフィッシング攻撃
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も