Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android端末のUSB充電に注意 - ウイルス感染源となる可能性も

トレンドマイクロによれば、8月に入ってからAndroid端末に感染するマルウェア「ANDROIDOS_LOTOOR」の被害報告が複数寄せられているという。

「ANDROIDOS_LOTOOR」は、端末のルート権限を取得するマルウェア。感染すると外部へ端末内部の情報を送信するおそれがある。3月に発見され、8月に入ってからも複数の亜種が検出されている。

同社によれば、今回の被害報告は企業ユーザーから寄せられたもので、PCへAndroid端末をUSB接続した際、PC側のセキュリティ対策ソフトが検知したという。

また同社は、今回「ANDROIDOS_LOTOOR」が発見されるきっかけとなったAndroid端末を組織内のPCへUSB接続する行為について、USBメモリ経由で感染を拡大したワーム以上にセキュリティリスクが高いと問題を指摘。

Android端末は比較的バッテリーの消費が早いことから、組織内のPCを利用してUSB経由で充電されたり、データの持ち運びに利用されるケースも考えられ、端末そのもののセキュリティ対策や、組織におけるポリシーの明確化など、環境の見直しなど対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化