Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポリモーフィック型マルウェアが急増 - 半年間で2倍以上に

シマンテックによれば、自身を次々と変化させていくポリモーフィック型マルウェアが急増しているという。メールに添付された状態で流通しており、注意が必要だ。

同社がまとめたレポートによれば、7月の検知状況を見ると、メール感染型マルウェアが280.9通に1通の割合で検知された。そのうち23.7%は感染するたびに自身をランダムな暗号化コードで書き換えるポリモーフィック型マルウェアで、6カ月間で2倍以上に急増している。

同マルウェアは、企業へ送付されるOffice文書やPDF文書を装ってメールに添付されるケースが多いという。コード構造をわずかに変化させて、セキュリティ対策ソフトの検知を困難にする場合もあることから注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱