Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモの一部端末で迷惑メール設定に不具合

NTTドコモは、迷惑メール対策機能において一時不具合が発生し、対象ドメインの設定が正しく行えない状況が発生したことを明らかにした。

システムの不具合が原因で、メール表示画面からの「受信/拒否設定機能」より「ドメイン受信」や「ドメイン拒否」を設定しようとした際、不具合が生じたという。

具体的には、入力した8文字目以降が削除される問題があり、受診設定したメールが誤って拒否されたり、受診を希望しないメールが届く可能性があるという。

影響を受けるのは、2009年度冬春モデル以降の対応機種で、7月15日や7月17日から7月21日までの一部時間帯において設定を行った場合。iモードやMydocomoの迷惑メール対策設定機能については問題なかった。

同社では今回の問題を受け、利用者の意向と異なるドメイン設定がされている場合は、iモードセンターにて正しいドメインへ修正を実施した。また利用者に対して、設定内容を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
「Security Days Fall 2017」を9月に開催 - 併催含め100講演以上
迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan
市民大学のメールアカウントが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
迷惑メールの相談件数が増加傾向、60歳以上が4割
メールアカウント乗っ取りで迷惑メール約4万通 - ボランティア情報サイト
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも