Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモの一部端末で迷惑メール設定に不具合

NTTドコモは、迷惑メール対策機能において一時不具合が発生し、対象ドメインの設定が正しく行えない状況が発生したことを明らかにした。

システムの不具合が原因で、メール表示画面からの「受信/拒否設定機能」より「ドメイン受信」や「ドメイン拒否」を設定しようとした際、不具合が生じたという。

具体的には、入力した8文字目以降が削除される問題があり、受診設定したメールが誤って拒否されたり、受診を希望しないメールが届く可能性があるという。

影響を受けるのは、2009年度冬春モデル以降の対応機種で、7月15日や7月17日から7月21日までの一部時間帯において設定を行った場合。iモードやMydocomoの迷惑メール対策設定機能については問題なかった。

同社では今回の問題を受け、利用者の意向と異なるドメイン設定がされている場合は、iモードセンターにて正しいドメインへ修正を実施した。また利用者に対して、設定内容を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大