Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとシグマクシス、金融機関向けに不正取引検知ソリューション

日本オラクルとシグマクシスは、金融機関やECサイト運営事業者向けに、オンライン不正検知ソリューションを共同で提供する。

今回両者が共同で開発したのは、オンライン取引情報をリアルタイムで分析することにより、不正取引を未然に防ぐ不正検知システム。

シグマクシスにおける金融犯罪対策のノウハウを活用。犯罪シナリオをテンプレート化し、オラクルのミドルウェア「Oracle Complex Event Processing 11g」により対策を実現している。

提供にあたり、両社は共同で導入前アセスメントサービスを展開。導入するためのアプリケーション設計や運用方針の検討など提供する。

シグマクシスでは、「金融犯 罪対策チーム」を設置。日本オラクルは、専任のエンジニアやコンサルタント、サポート担当者を増員し、20名規模で対応する。

(Security NEXT - 2011/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加