Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとシグマクシス、金融機関向けに不正取引検知ソリューション

日本オラクルとシグマクシスは、金融機関やECサイト運営事業者向けに、オンライン不正検知ソリューションを共同で提供する。

今回両者が共同で開発したのは、オンライン取引情報をリアルタイムで分析することにより、不正取引を未然に防ぐ不正検知システム。

シグマクシスにおける金融犯罪対策のノウハウを活用。犯罪シナリオをテンプレート化し、オラクルのミドルウェア「Oracle Complex Event Processing 11g」により対策を実現している。

提供にあたり、両社は共同で導入前アセスメントサービスを展開。導入するためのアプリケーション設計や運用方針の検討など提供する。

シグマクシスでは、「金融犯 罪対策チーム」を設置。日本オラクルは、専任のエンジニアやコンサルタント、サポート担当者を増員し、20名規模で対応する。

(Security NEXT - 2011/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用