Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとシグマクシス、金融機関向けに不正取引検知ソリューション

日本オラクルとシグマクシスは、金融機関やECサイト運営事業者向けに、オンライン不正検知ソリューションを共同で提供する。

今回両者が共同で開発したのは、オンライン取引情報をリアルタイムで分析することにより、不正取引を未然に防ぐ不正検知システム。

シグマクシスにおける金融犯罪対策のノウハウを活用。犯罪シナリオをテンプレート化し、オラクルのミドルウェア「Oracle Complex Event Processing 11g」により対策を実現している。

提供にあたり、両社は共同で導入前アセスメントサービスを展開。導入するためのアプリケーション設計や運用方針の検討など提供する。

シグマクシスでは、「金融犯 罪対策チーム」を設置。日本オラクルは、専任のエンジニアやコンサルタント、サポート担当者を増員し、20名規模で対応する。

(Security NEXT - 2011/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
リスク評価と必要なSIEMルール設計をパッケージで
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット