Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとシグマクシス、金融機関向けに不正取引検知ソリューション

日本オラクルとシグマクシスは、金融機関やECサイト運営事業者向けに、オンライン不正検知ソリューションを共同で提供する。

今回両者が共同で開発したのは、オンライン取引情報をリアルタイムで分析することにより、不正取引を未然に防ぐ不正検知システム。

シグマクシスにおける金融犯罪対策のノウハウを活用。犯罪シナリオをテンプレート化し、オラクルのミドルウェア「Oracle Complex Event Processing 11g」により対策を実現している。

提供にあたり、両社は共同で導入前アセスメントサービスを展開。導入するためのアプリケーション設計や運用方針の検討など提供する。

シグマクシスでは、「金融犯 罪対策チーム」を設置。日本オラクルは、専任のエンジニアやコンサルタント、サポート担当者を増員し、20名規模で対応する。

(Security NEXT - 2011/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
金融機関ノウハウ活用した不正検知サービス - ACSiON
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も