Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォティーンフォティ技研と三井物産セキュアが提携

フォティーンフォティ技術研究所(FFR)と三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、マルウェア対策および脆弱性対策の分野で提携した。

未知の脆弱性など従来の技術では対応できない高度な攻撃が増加しているとして、対策技術を持つFFRとセキュリティ監視サービスを展開するMBSDが協業したもの。

今回の提携を通じて、MBSDでは同社サービスへFFRの製品や技術を組み込み、マルウェア対策ソリューションを提供する。

MBSDでは手始めに、FFRの「Origma+」を活用し、ウェブサイトやリンク先にマルウェアが設置されていないか検査する「Web感染型マルウェア診断サービス」を7月より開始。企業のウェブサイト運用における改ざん対策を支援する。

(Security NEXT - 2011/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
PwCあらたなど、医療介護事業者向けセキュリティサービスで協業
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
ルネサスとESCRYPT、車載ECU向けのセキュリティソリューション
日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業