Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本セーフネット、認証トークンの乗換キャンペーンを実施

日本セーフネットは、パートナー5社と協力し、認証トークン製品の乗り換えキャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、他社製の認証トークン導入企業を対象に同社製品を40%引きの割引価格で提供するもの。同社ワンタイムパスワード認証トークンと電子証明書を使用したUSB認証トークンへの乗り換えを推進する。

割引例としては、300ユーザー分の認証トークン「eToken PASS」と認証トークンを一括管理する「SafeNet Authentication Manager」を導入する場合、通常235万7450円のところ、141万4470円で提供する。

キャンペーンの参加パートナーは、星和テクノロジー、ディアイティ、T4U、ピーエスアイ、丸紅情報システムズの5社。

(Security NEXT - 2011/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立