Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本セーフネット、認証トークンの乗換キャンペーンを実施

日本セーフネットは、パートナー5社と協力し、認証トークン製品の乗り換えキャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、他社製の認証トークン導入企業を対象に同社製品を40%引きの割引価格で提供するもの。同社ワンタイムパスワード認証トークンと電子証明書を使用したUSB認証トークンへの乗り換えを推進する。

割引例としては、300ユーザー分の認証トークン「eToken PASS」と認証トークンを一括管理する「SafeNet Authentication Manager」を導入する場合、通常235万7450円のところ、141万4470円で提供する。

キャンペーンの参加パートナーは、星和テクノロジー、ディアイティ、T4U、ピーエスアイ、丸紅情報システムズの5社。

(Security NEXT - 2011/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース