Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ経由の情報漏洩を防止するソフトに「Officeファイル保護」のオプション

ティエスエスリンクは、情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for Active WebPage(AWP)」に、Officeファイルを保護するオプションを追加した最新版を、7月25日より発売する。

110705tl1.jpg
ウェブ上のデータを保護するAWP(図:TSS LINK)

同ソフトは、ブラウザに表示されている情報や画像の不正利用を防ぐセキュリティソリューション。

静的HTMLだけでなく、JavaScriptなど動的コンテンツのほか、PDFやFlashの保護にも対応している。ブラウザのメニューや操作を制御し、コピーや印刷、画面キャプチャなどについても制御することが可能。

今回発売される最新版では、ウェブ上で公開されるOfficeファイルについてもブラウザ上で保護できる「Office保護オプション」を追加した。

価格は、100ライセンスの基本パッケージが105万円から。Office保護オプションは52万5000円から。

(Security NEXT - 2011/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで