Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正攻撃サイトが急増、ワンクリック詐欺が過去最高 - セキュアブレインまとめ

セキュアブレインは、5月に同社が検知した不正サイトの状況について取りまとめた。ワンクリック不正請求サイトや、不正攻撃サイトの増加が目立っている。

同社のレポートによれば、5月に「危険」と判定されたウェブサイトの件数は4708件。減少を見せた4月の4427件から再び増加に転じた。脅威別に見ると、ワンクリック不正請求サイトが2171件で、過去最高を記録した前月の2067件をさらに上回った。

セキュアブレイン 不正サイトグラフ
不正サイトの検出推移(グラフ:セキュアブレイン)

また不正攻撃サイトも658件と、前月の395件から大幅な伸びを見せ、フィッシング詐欺サイトも前月の1282件から1429件に増加した。一方、4月に急増を見せた不正改ざんサイトについては、370件と3月の水準まで落ち着いている。

(Security NEXT - 2011/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
2016年3Qのランサム検出、過去最多 - 感染被害報告は改善
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに