Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカとシー・エス・イー、スマホ向けリモートアクセスソリューションで協業

マクニカネットワークスとシー・エス・イーは、スマートフォンを活用したリモートアクセス市場への展開で協業すると発表した。

スマートフォンを組織内のネットワークへ安全に接続するリモートアクセスへの需要増加を受けた協業で、両社は「スマートフォン向けSSL-VPN/本人認証連携ソリューション」を提供し、市場の拡大を目指す。

具体的には、ジュニパーネットワークス製リモートアクセスアプライアンス「Secure Access」に対応したスマートフォン向けリモートアクセスアプリ「Junos Pulse」と本人認証用ワンタイムパスワード製品「SECUREMATRIX」の連携を実現。

シー・エス・イーでは今回の協業により、「SECUREMATRIX RADIUS LOGON for Junos Pulse」を開発し、これらの組み合わせによりりシングルサインオンを実現した。「Junos Pulse」は、現在iOS向けに提供されており、無償でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2011/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供