Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内セキュリティ市場、2015年には1.2兆円規模に - IDC予測

IDC Japanは、2010年の国内セキュリティ市場規模実績、および2015年までの予測を発表した。

同社によれば、2010年の国内セキュリティソフトウェア市場規模は2030億円。前年からの成長率は11.8%で、成長率マイナス8.2%だった2009年から大きく回復した。2010年から15年にかけて、平均2.8%の成長率を確保し、2015年の市場規模は2330億円になると見込んでいる。

2011年は東日本大震災の影響で成長が一時的に減速するものの、2012年以降は被災地復興におけるICT基盤整備やクラウドサービスの利用拡大によって、アイデンティティ/アクセス管理やウェブセキュリティ管理製品を中心に需要が高まると同社では分析している。

一方セキュリティアプライアンス市場規模は、2010年は293億円で前年比成長率がマイナス13.5%と後退するが、2011年は震災の影響でリモートアクセス関連需要が高まり、プラス成長に転じると同社では予測。2010年から15年の年平均成長率は3.7%、2015年には351億円市場になると見ている。

(Security NEXT - 2011/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測