Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小規模ユーザー向け機能を強化したメールセキュリティ製品 - 日立INS

日立アイ・エヌ・エス ・ソフトウェアは、メールセキュリティソリューション「WISE Audit」の最新版を提供開始した。

同製品は、メールのアーカイブ機能とフィルタリング機能を搭載したメールセキュリティソリューション。最新版のバージョン5.2では、中小規模ユーザー向けの機能が強化した。

「都度権限付与機能」は、通常アーカイブ検索の権限を持たないユーザーに一時的にアーカイブ検索を許可するもので、管理者の負担を軽減する。

また、メールのやり取りを図で表示する「メール相関図機能」を強化したほか、パーソナル検索オプション「PSO」が同一サーバで利用できるようになった。

7月には、オプションとして添付ファイルのZIP暗号化機能を提供する予定。価格は、200ユーザーでアーカイブライセンスが105万円。パーソナル検索オプションが31万5000円。

(Security NEXT - 2011/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など