Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立情報システムズ、ドコモ回線を活用したセキュリティサービスなどを展開

日本通信は、日立情報システムズとMVNEサービスを提供する契約を締結したと発表した。

同契約により、日立情報システムズは、日本通信からNTTドコモのインフラを調達。モバイルデータサービスを販売にくわえ、自社クラウドサービスと組み合わせたソリューションの提供を計画している。

またセキュリティサービスとの連携により、PCやスマートフォンなどマルチデバイスに対応するリモートアクセスサービスなど展開していく。

(Security NEXT - 2011/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
動作記録とアラートから脅威を判断、対応支援するイスラエル製「SECDO」 - 丸紅ITSが発売
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調