Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Conficker」が再び増加傾向、P2P経由感染のウイルスにも注意 - マカフィーまとめ

マカフィーは、同社が4月に検知したマルウェアなどの状況を取りまとめた。ファイル共有ソフト経由で感染するマルウェアがあらたにランクインするなど、ランキングに動きが見られた。

同社がまとめたランキングによると、検知企業数とマシン数の1位は「Generic!atr」で、また「W32/Conficker.worm」の亜種も複数がランクインしており、依然としてリムーバブルメディア経由の感染が広がっている。

なかでも「W32/Conficker.worm」については、これまで検知企業数はマシン数やデータ数に比べて多くなかったことから、脆弱性対策を怠っている一部企業内でのみ感染が広がっているとの見方が出ていたが、最近は検知企業数も増加傾向にあるという。

検知データ数ランキングでは、2月に急増を見せたファイル感染型ウイルス「W32/Ramnit」が、前月に引き続き1位と2位を占めた。検知件数は前月より大幅に減少しているが、今後もその動向に注意が必要。

(Security NEXT - 2011/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」