Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、教育機関にネットのしくみを解説した冊子を配布

日本レジストリサービスは、全国の中高校や高等専門学校を対象に、インターネットのしくみを解説した教材を無償配布する。

2010年にも同様の試みを展開し、好評だったことから再度実施するもので、希望教育機関へ配布するもの。

配布する教材は、ドメイン名やDNSのしくみなど、インターネットのしくみについてストーリー仕立てで学ぶことができるマンガ小冊子「ポン太のネットの大冒険 ~楽しくわかるインターネットのしくみ~」。「技術家庭」や「情報」、インターネット関連授業などの補助教材を想定している。

申し込みの受付期間は6月30日までで、専用ページにて教員からの申し込みを受け付ける。また同資料はPDFによる配布も実施しており、インターネット上からダウンロードして閲覧することができる。

(Security NEXT - 2011/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
「JPドメイン名紛争処理方針」を改訂 - JPNIC
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中
総務省ら、ISP経由でマルウェア感染者に注意喚起 - 欧州大規模掃討作戦で得られた情報を活用
標的型攻撃で狙われる「Active Directory」保護の対策資料 - 優先順位踏まえ具体的に解説
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社
ソフトバンク、IPSサービスにマルウェアブロック機能 - アクセス要求をリスト照合
2016年2Qの標的型攻撃メールは35件 - PW付きrarファイルで検知回避狙う