Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、教育機関にネットのしくみを解説した冊子を配布

日本レジストリサービスは、全国の中高校や高等専門学校を対象に、インターネットのしくみを解説した教材を無償配布する。

2010年にも同様の試みを展開し、好評だったことから再度実施するもので、希望教育機関へ配布するもの。

配布する教材は、ドメイン名やDNSのしくみなど、インターネットのしくみについてストーリー仕立てで学ぶことができるマンガ小冊子「ポン太のネットの大冒険 ~楽しくわかるインターネットのしくみ~」。「技術家庭」や「情報」、インターネット関連授業などの補助教材を想定している。

申し込みの受付期間は6月30日までで、専用ページにて教員からの申し込みを受け付ける。また同資料はPDFによる配布も実施しており、インターネット上からダウンロードして閲覧することができる。

(Security NEXT - 2011/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPドメインの不正登録に関する情報受付窓口を開設 - JPRS
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
総務省、JPRSに「.jp」ドメインの適切な管理を要請 - 不適切利用問題受け
なりすましメール対策、約6割が「SPF」設定、「DMARC」は1%
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞