Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トップ10内に「TROJ_SPNR」の亜種5種がランクイン - トレンド月間レポート

トレンドマイクロは、4月における国内外の不正プログラムの検知状況を取りまとめた。3月に引き続き、東日本大震災に便乗した攻撃が多数確認されたほか、情報を詐取する「TROJ_SPNR」や偽セキュリティソフトの動きが活発となっている。

同社がまとめた不正プログラム検出ランキングによると、1位は国内とワールドワイドともに「WORM_DOWNAD.AD」だった。

国内ランキングで目立っているのは、Windows XPのプロダクトキーなどを盗む「TROJ_SPNR」で、圏外からランクインしたのも含めて5種がトップ10内に入っている。

6位には、「ADW_YABECTOR」が圏外からランクイン。感染すると複数のショートカットがPC上に作成され、クリックするとオークションサイトの広告を表示するサイトへ誘導されるという。

(Security NEXT - 2011/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増