Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に

2019年に警察庁が把握したメールによる標的型攻撃は5301件で、「ばらまき型」が全体の9割を占めた。 「圧縮ファイル」の悪用が目立っている。

警察庁が2019年の脅威の動向についてとりまとめたもの。同庁と事業者間で情報共有している「サイバーインテリジェンス情報共有ネットワーク」を通じて把握したメールによる標的型攻撃は5301件だった。前年の6740件を1439件下回る。

同庁では、同じ文面や不正プログラムが10カ所以上に送付されていたものを「ばらまき型」と分類。今回把握した5301件のうち、90%はこの「ばらまき型」だった。

メールの送信先は、インターネット上に公開されていないメールアドレスが82%を占める。また92%のメールで送信元のメールアドレスが偽装されていた。

20200306_np_102.jpg
標的型攻撃メールの件数(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2020/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」