Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に

ネットワーク機器の管理ソフトウェア「Zyxel CNM SecuManager」において判明した脆弱性を標的とする攻撃が4月以降観測されている。ボットネットの攻撃対象にもなっている。

「Zyxel CNM SecuManager」は、Zyxel製品をはじめ、複数の機器を管理するための製品。3月9日にセキュリティ研究者が最新版にあたる「同3.1.1」「同3.1.0」に複数の脆弱性が存在することを明らかにした。アップデートは用意されていなかったが、一部バックドアはベンダーによって意図的に設置されたものと主張、詳細を公表している。

研究者が指摘した脆弱性は16件と多岐にわたり、SSHサーバの秘密鍵がハードコードされている問題や、MySQLのバックドアアカウント、ハードコードされたバックドアAPI、事前に定義された管理者アカウントやパスワードなどが含まれる。

これを受けてZyxelでは3月13日にアドバイザリを公表。脆弱性の存在を認め、同製品はサードパーティと共同で開発しており、脆弱性の修正に取り組んでいると釈明した。

アップデートが用意でき次第、個々の顧客へ直接展開するとしたが、以降アドバイザリを更新しておらず、修正版がリリースされたか6月9日の時点でわかっていない。

(Security NEXT - 2020/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も