Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に

ネットワーク機器の管理ソフトウェア「Zyxel CNM SecuManager」において判明した脆弱性を標的とする攻撃が4月以降観測されている。ボットネットの攻撃対象にもなっている。

「Zyxel CNM SecuManager」は、Zyxel製品をはじめ、複数の機器を管理するための製品。3月9日にセキュリティ研究者が最新版にあたる「同3.1.1」「同3.1.0」に複数の脆弱性が存在することを明らかにした。アップデートは用意されていなかったが、一部バックドアはベンダーによって意図的に設置されたものと主張、詳細を公表している。

研究者が指摘した脆弱性は16件と多岐にわたり、SSHサーバの秘密鍵がハードコードされている問題や、MySQLのバックドアアカウント、ハードコードされたバックドアAPI、事前に定義された管理者アカウントやパスワードなどが含まれる。

これを受けてZyxelでは3月13日にアドバイザリを公表。脆弱性の存在を認め、同製品はサードパーティと共同で開発しており、脆弱性の修正に取り組んでいると釈明した。

アップデートが用意でき次第、個々の顧客へ直接展開するとしたが、以降アドバイザリを更新しておらず、修正版がリリースされたか6月9日の時点でわかっていない。

(Security NEXT - 2020/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開