Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MDISのプライバシーマーク付与認定一時停止措置が終了

プライバシーマークの審査機関である情報サービス産業協会は、1月24日より三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)に対してプライバシーマーク付与認定を一時停止していたが、3月23日に同措置を終了した。

今回実施された認定停止は、MDISが開発したシステムが原因で、図書館利用者の個人情報が流出した事故を受けた措置。3月16日に開催された同協会のプライバシーマーク審査会の審議で、終了条件を満たしていることを確認したとして、当初の発表された2カ月間で措置が終了した。

また同事故に関連し、えびの市や篠栗町へ図書館システムを納入し、運営していた千代田興産についても、運営の不備から利用者情報が流出したとして、審査機関のくまもとテクノ産業財団より2月25日から1カ月間のプライバシーマーク付与認定の一時停止を受けていたが、3月24日に措置が終了した。

(Security NEXT - 2011/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
詐欺メール送信の踏み台に、2カ月経たず再発 - 大阪府立図書館
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 大阪府立図書館
図書館の利用者情報19万件含むPCが所在不明 - 秋田市
個人情報をウェブサイトに誤記載 - 多摩市立図書館
マンガ「サイバーセキュリティのひみつ」の電子書籍版が無償公開
大人も学べる学習マンガ「サイバーセキュリティのひみつ」 - ネット公開も予定
村上春樹氏の図書貸出履歴報道「是認できない」 - 日本図書館協会