Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、計画停電のグループを細分化

東京電力は、管内で5グループにわけて実施している計画停電について、3月26日を目処に、各グループを細分化する方針を明らかにした。

同社によれば、各グループにさらに5つのサブグループを設け、合計25グループへ細分化するもので、今週末の3月26日を目処に実施したいとしている。

これまで電力の需給状況に応じて、グループ全体ではなく一部地域のみ停電することがあり、停電対象地域でありながら停電しないケースなど発生している。

同社では今回の細分化を通じて、ユーザーが停電を把握しやすく、一部利用者に停電が集中しないよう分散することにより、不公平感を解消したい考え。

また細分化にあわせ、「実施予定」「実施する可能性がある」「実施しない」という3段階にわけた予報マークを導入し、利用者の利便性改善を目指す。

計画停電については、東京電力のほか、各自治体がウェブサイトなどを通じて情報を提供されている。また検索機能など独自に情報を提供するサイトも登場しており、70以上のミラーサイトが設置されるなど活発な活動を展開するケースも現れている。

(Security NEXT - 2011/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
法人顧客の連絡先含むファイルが所在不明 - 中部電力
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
端末やネットワーク機器などのリコール情報 - 利用機器がないかチェックを
キヤノンMJ、中小企業向けIT支援サービスに新ラインナップ
ISA、ネットワーク機器を監視、電源制御で復旧する新製品
地震の影響による通信設備の状況を発表 - NTTドコモ
重要インフラの大規模IT障害に備え、官民が合同演習
震災後半年間で4000社に対し約900件の標的型攻撃が発生 - 警察庁まとめ