Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google公認」と騙す医薬品スパムが発生

「Google公認」などとしてオンライン薬局を宣伝する医薬品スパムが確認されたとして、メッセージラボジャパンは注意を呼びかけている。

Googleが承認している薬局サイトは存在しておらず、ブランドが悪用されているもので、問題のスパムには、脱毛防止薬を宣伝する文章とともに、スパム関連のコンテンツが含まれるブログへのリンクが掲載されている。

同社では、2日間で同様のスパムに関連したブログを250件以上ブロック。今回のケースをはじめ、知名度の高い企業やブランドが悪用されるケースが少なくないとして、注意を促している。

(Security NEXT - 2011/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
WP向け寄付管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ