Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google公認」と騙す医薬品スパムが発生

「Google公認」などとしてオンライン薬局を宣伝する医薬品スパムが確認されたとして、メッセージラボジャパンは注意を呼びかけている。

Googleが承認している薬局サイトは存在しておらず、ブランドが悪用されているもので、問題のスパムには、脱毛防止薬を宣伝する文章とともに、スパム関連のコンテンツが含まれるブログへのリンクが掲載されている。

同社では、2日間で同様のスパムに関連したブログを250件以上ブロック。今回のケースをはじめ、知名度の高い企業やブランドが悪用されるケースが少なくないとして、注意を促している。

(Security NEXT - 2011/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
「応答ない場合はアカウントをロック」、偽Amazonのフィッシングに注意