Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google公認」と騙す医薬品スパムが発生

「Google公認」などとしてオンライン薬局を宣伝する医薬品スパムが確認されたとして、メッセージラボジャパンは注意を呼びかけている。

Googleが承認している薬局サイトは存在しておらず、ブランドが悪用されているもので、問題のスパムには、脱毛防止薬を宣伝する文章とともに、スパム関連のコンテンツが含まれるブログへのリンクが掲載されている。

同社では、2日間で同様のスパムに関連したブログを250件以上ブロック。今回のケースをはじめ、知名度の高い企業やブランドが悪用されるケースが少なくないとして、注意を促している。

(Security NEXT - 2011/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る